宮内一郎のイチロウ式3Dインサイト コーチング 完全結婚 子育て カウンセリング 傷害事件
講演依頼 出演依頼 アクセス地図 書籍注文 ダウンロード お問合せ


プロ教師とは 授業の集中力が上がる  『完全授業』
学級崩壊への対応 モチベーションコーチング 『プロ教師』研修の感想集

『プロ教師』研修の感想集

講座に参加された先生方のご感想を一部ご紹介させて頂きます。

話の仕方がユーモアかおり,わかりやすく聴きやすかっかです。子どもの将来を見据えて子どもに接し,創造力や人間間係づくりの力をつけさせていくこと。また,保護者や育ってきた環境についてよく理解し,指導していくことが大切だと感じました。教師と違った立場の方から,このようなお話を伺えた時間はとても興味深い時間となりました。

子どものやる気を引き出すことには,表面的なことではなく,心を新たにし,褒めて育てることが大切だとういうことがわかりました。3Dインサイトの話は,とても興味深く聴かせていただきました。本を買って読みたいと思いました。

時代にあった学力,変化の激しい現教育界。その中で,どう私達が対応していくか。「不満ばかりを口にすることがないように」と自分に言い聞かせている。興味深い統計学であり,講師の先生でありました。話し方も大変参考になりました。ありがとうございました。メンタルトレーニングに興味を持ちました。

宮内先生の講演は,欧米式がベースになっているように思うが,私は宮内先生の考えに共感できた。日本の教育をどうこういう訳ではないが,これからの教育は時代背景も踏まえ,宮内先生の考えている教育を進めていかなければならなくなってきているのではないだろうか。本当に今日の講演は,二学期からの学級運営に生かせる充実した内容だった。

教職経験5ケ月の新米の養護教諭をやっています。まだまだ基本的な仕事の内容もわからないような状態ですが,今日の話を聴いて子どもが楽しんで過ごせるようにしていきたいと思いました。ありがとうございました。

大変よかったです。興味深く拝聴することができました。自分自身が楽しく仕事をすることの大切さ,保護者とのコミュニケーションを生かすために一人一人をよく見る目を養うことの大切さなどなど学びました。

楽しい講義をありがとうございました。もっともっとお聴きしたいと思いました。子どものやるを引き出すためのヒントがたくさんありました。学校の子供達,職場の人間関係,そして家族の中での人間関係に幅広く生かしていきたいと思います。聴き足りない面は,「人の心がわかる本」を購入し,もう少し知識を深めたいと思います。本日は,ありがとうございました。

お話にあったように,いろいろな子どもがいて,その特徴をとらえることは大切だと思っていました。教育現場では,いろいろな縛りがあって教育活動を営んでいくのに厳しいこともありますが,楽しい学校づくりをしていきたいと思います。

今年度5年生の担任をしております。校内でも,いわゆる「落ち着きのない」「個性的な」学年であります。1学期を何とか乗り切りましたが,課題も多く・・・。ただ4ケ月一緒に過ごす中で,他のよい子ども達の乗せ方次第かな・・・というのは感じておりました。先生の「5年生はブラウン」「褒めて,褒めてのばす」という一言に2学期の方向付けができました。私にとって今日,参加した何よりのお土産になりました。ありがとうございました。

「やりたいこととできること」,社会に出て自立し自活できる人間に育てるには,「転ばぬ先の杖」的な教えはいけないということを痛感しました。学校でも家庭でも反省すべきことが多すぎです。興味深いお話ありがとうございました。子どもの環境や個性を見出し,育てていくような指導に心がけていきたいと思います。

プロ教師ということについて今まであまり深く考えたことかありませんでしたが,今回のモチベーションコーチングの話を聴いて,教師としての自分の在り方を考えるきっかけとなりました。楽しい講演でした。

教師として,母として子どもを伸ばそうと日々努力していますが,本当の目的とは,社会に出て自立し,自活できること。自分にあった仕事に就く,毎日が楽しいことが大事であることがよくわかりました。皆が同じでなくていいという事を改めて実感しました。

楽しく聴くことができました。子ども達のやる気を引き出すヒントを得ることができたと思います。2学期からの授業及び学校生活に生かしていきたいと思います。自分自身もモチベーションを高められるようにしたいです。今日はありがとうございました。

時開がとても早くすぎたように感じることのできた講座でした。子ども達のやる気を引き出すことだけでなく,職場での人間関係にも生かせるお話を聴くことができ,とても勉強になりました。ありがとうございました。

今までに実践してきたことと対照的で,目からウロコという感じでした。これからの活動に生かしていきたいと思います。まずは,自分が楽しむことからスタートということでしょうか。がんばりたいと思います。

教育センター講座を受講してとてもよかったと思う。教師が何を目的に指導にあたっているか見失わずに進んでいけるとよいと感じた。子どもの「やりたいこととできること」をしっかり見極め,社会に出て自立し自活できる人間を育てていけたらどんなに素晴らしいか,やる気をもって生きていけたらどんなに幸せかと思う。自分白身もやる気をもって楽しく仕事ができるようにしていきたいと感じた。そのためには,自分にできること,やりたいことをしっかりと自分自身で見つめた上で仕事にあたりたい。プロの教師を目指し,人格を高め,子どもたちの自立のために少しでも力になれればうれしいと思う。

「子どものやる気を引き出すモチベーション教育」という演題はとても興味かおりました。担任のモチベーションを上げるのは,私は管理職の先生方だと思います。理解してもらえれば,担任も子ども達と笑顔で向き合えるのではないかと思いました。ありがとうございました。

「プロ教師」という言葉,気にいりました。生徒の可能性を引き出すことができる教師になりたいと改めて思いました。日頃,目の前の仕事に追われているため,プロ教師になるうという意欲を持っていませんでした。しかし,教師になったからには,やはりプロ教師に少しでも近づく必要があると思いました。今日のような類の講演はたいて退屈でほとんど身にならないことが多かったのですが,今日の講演は非常に引きつけられました。教師のタブーのリストに書かれている内容をやってしまわないように9月からがんばります。

教師の悩み相談「教師力スキル」を高め『プロ教師』としての自信がわき出す!
頼れるサポート。具体的で理解しやすく実行に移しやすいサポートを確約!
お問い合わせは
全国無料
AccessFREE 0800-200-1232
カウンセリング
メンタルカウンセリング
うつ・摂食障害・ニート・引きこもり・更年期障害
子育てカウンセリング
訪問カウンセリング
育成カウンセリング
不登校・いじめ・学校問題・DV・PTSD・非行・万引き
ファミリーカウンセリング
夫婦問題・祖父母相関

教師カウンセリング
うつ・教育スキルカウンセリング・職場相関

カウンセリング専用サイトはこちらから



プロの親とは
プロ教師とは
ご利用のご案内
会社案内
サイトマップ
トップ


Copyright(c) 2008 ArkHuman Inc All Right Reserved.